#12『アメリカン・ビューティー』ミニッツライナー(122分)

ミニッツライナーとは?
映画本編ごとに止めて
「だれが」「なにをした」
かだけをずつ書いていくことで  
映画の構造をより深くたのしむ方法です
_SL1000_






今回は最初の文字が「ア」からはじまる映画特集第2弾
アメリカン・ビューティー』をミニッツライナーしていきます

筆者が、はじめて映画でオナニーした作品
曲が流行った
第72回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞の5部門を受賞


目次

【前半】

#12『アメリカン・ビューティー』ミニッツライナー(122分)
読めばいつでも映画を思い出せるように「だれが」「なにをした」かだけで書きました
映画で使われる「」い色は「美しいもの」を象徴しています
本作に使われた赤にはそういう意味が随所に込められています
今回は映画で「
い色が映った箇所、すべてに注釈をつけました


【後半】
まとめ&15分解説
アメリカの「美」とは何か?
「よくわからなかった」「あれどういう意味?」「どうしてあんな行動をとったの?」という方に向けた
ストーリーの全ての謎を15分ごとに読み解いていく解説です


それではどうぞ

1999年公開『アメリカン・ビューティー』 上映時間122分
American Beauty
監督 サム・メンデス
脚本 アラン・ボール

※数字は上映時間の分です
1.ジェーン、リッキーに父の殺害を依頼(タイトル)
2.レスター、自己紹介。目覚める。シャワーでオナニー
3.レスター、妻キャロリンと隣人ジムを紹介
 キャロリン、ジムのネクタイの色を褒める
バラを摘む
4.レスター、娘ジェーンを紹介
 ジェーン、豊胸手術で悩む
ジェーンの服家のドア
 3人、家を出る
5.レスター、仕事をこなす
6.レスター、リストラ候補を宣告される
7.新しい隣人
8.バーナム家の食卓テーブルのバラ
9.家族の仲は最悪
10.リッキー、レスターとジェーンを盗撮
11.キャロリン、オープンハウスに向けて家を掃除キャロリンの服
12.キャロリン、見学者を案内
13.キャロリン、買い手は現れず
14.キャロリン、自分を泣き止ませる
15.レスターとキャロリン、ジェーンのチアダンスを観に来る
16.レスター、アンジェラのことしか見えなくなる
17.アンジェラ、レスターを誘う胸からバラの花弁
18.レスター、ジェーンにアンジェラを紹介してもらう
19.ジェーン、レスターがアンジェラに気があることに気づく
20.レスター、アンジェラでオナニーバラの花弁
21.アンジェラ、家に向かう車の中でジェーンに美貌を自慢
22.リッキー、ジェーンを盗撮
 ジェーン、秘かに微笑む

23.レスター、ジェーンの手帳からアンジェラに電話をかける手帳
24.ジェーン、あきれる
 リッキー、それを盗撮

25.リッキーの家庭、ジムとジムが挨拶に訪ねる
26.父、ゲイを嫌う
 リッキー、同感

27.アンジェラ、友達に枕を自慢
 友達、売春婦だと批判

28.ジェーン、アンジェラからリッキーの中学時代を知る
29.リッキー、ジェーンに昨日の盗撮を謝る
30.リッキーの家庭、『ロナルド・レーガンの陸軍中尉』を観る
 母、空耳

31.キャロリンとレスター、不動産王バディに近づく
32.レスター、バディにキスをみせつける
 キャロリン、バディと楽しく談笑

33.レスター、リッキーに遭遇「赤いドアの家」
34.キャロリン、バディからノウハウを教わることに
 レスターと大麻を吸うリッキー、バイトを辞める

35.リッキー、大麻の売人であることを明かす
36.リッキー、キャロリンに挨拶。ジェーンと同じ高校だと明かす
37.アンジェラ、帰宅したレスターに挨拶
 レスター、アンジェラとキスする妄想
口からバラの花弁
38.レスター、アンジェラが今夜泊まることを知る
39.アンジェラ、筋肉がつけばレスターと寝ることを話す
 ジェーンとアンジェラ、隣の家に「Jane(ジ
ェーン)」の火文字をみつける
40.アンジェラ、リッキーを挑発
 リッキー、微笑むジェーンを盗撮
 レスター、筋トレをはじめる

41.レスター、窓に映りこむ全裸と汚い腹を見る
 リッキー、裸で筋トレするレスターを盗撮

42.リッキー、父から尿検査のコップを渡される
 父、何か言いかける

43.レスター、夜に目が覚める
44.アンジェラ、レスターを前戯に誘うバスタブにバラの花弁
45.キャロリン、オナニーを追及
 レスター、逆ギレ

46.レスター、キャロリンを言い負かす
47.レスターとジムとジム、朝のジョギング
48.レスター、リッキーの父に挨拶
 レスター、リッキーから『死霊のしたたり』を借りに部屋に行く
49.レスター、リッキーから大麻を買う
50.レスター、若い頃のバイトの話をする
51.キャロリン、気づくバラを摘むキャロリンの服

 レスター、筋トレ&大麻
レスターの服
52.レスター、会社をクビになる
53.レスター、口封じ料をいただく
54.キャロリン、バディの離婚を知る
 バディ、キャサリンを誘う

55.アンジェラとジェーン、死体を撮影するリッキーに話しかける
56.ジェーン、リッキーと一緒に帰る
 キャロリン、バディと寝る

57.レスター、ミスタースマイリーに車で到着
58.レスター、ミスタースマイリーの面接を受ける
 キャロリン、欲求不満を解消

59.キャロリン、ストレス解消法を知る
 リッキーとジェーン、霊柩車を見て話す

60.リッキー、ホームレスの死体を撮影したこと、神を見たことを話す「美」
 リッキー、ジェーンを家に招く

61.リッキー、母にジェーンを紹介
 リッキーの母、散らかっているのを謝る
 ジェーン、食卓を見る

62.リッキー、ジェーンに父の軍物コレクションを見せる
63.リッキー、ジェーンに一番美しいものを見せる
64.リッキー、美しいものを語る
65.ジェーン、リッキーの手を握る。キスする
66.家族の食卓、仕事を辞めたレスターバラが消える
67.レスター、皿を投げ割る
68.キャロリン、ジェーンに謝りにくる
69.キャロリン、ジェーンを殴る
70.ジェーン、盗撮していたリッキーを見る
71.ジェーン、リッキーに裸を見せる
72.父、リッキーを殴る
 リッキー、戸棚を開けた理由を話す

73.リッキー、指導を心から受ける
 父、戸棚に触れないよう重ねて忠告

74.キャロリン、銃を撃つ
75.キャロリン、家に車で到着レスターの旧車ラジコンテーブルのバラ
76.レスター、キャロリンに味気ない女になった理由を聞くキャロリンの服
77.レスター、若い頃の話をしてキャロリンに迫るソファー
78.キャロリン、ソファーが汚れると怒る
 レスター、ただの物だと怒る
レスターの服
79.リッキー、部屋でジェーンを撮る
80.ジェーン、ここに引っ越すまでの過去を話すリッキーを撮る
81.リッキー、レスターについて話すジェーンを撮る
82.ジェーン、リッキーに父レスター
の殺害を依頼。豊胸手術の貯金で払う
83.ジェーン、冗談だとバラす
84.レスター、朝のランニング家のドア
85.ジェーン、キャロリンにアンジェラを泊めていいか話すキャロリンの服テーブルのバラ
 ジェーン、レスターにアンジェラに近づかないよう忠告
 レスター、ジェーンにキャロリンのようになるのかと怒る

86.リッキー、バーナム家の車で登校
 父、レスターと話すリッキーを見送る

87.父、リッキーの部屋で何かを探す
   ビデオカメラの中身を見る
   裸で筋トレするレスターを見る

88.レスター、バイト中にキャロリンとバディに遭遇レスターの帽子
89.キャロリン、バディと別れる…
90.筋肉隆々のレスター、大麻を切らす照明
91.食事中のリッキー、ジェーンに本を返しに行く
 ジェーン、アンジェラと家に向かう

92.レスターとリッキー、大麻の取引
 父、ふたりの男娼を目撃

93.アンジェラ、筋肉隆々のレスターに圧倒される。ここでレスター何かに気づく
94.父、リッキーに男娼を問い詰める
95.リッキー、男娼を認める
 父、親子の縁を切る

96.リッキー、母に別れを告げる
97.キャロリン、銃を握る
 ジェーン、アンジェラにレスターを誘うなと絶交

98.リッキー、ジェーンに旅立つことを告げる
 ジェーン、ついていく
 アンジェラ、止める

99.リッキー、アンジェラを罵倒
 父、レスターに会う
レスターの旧車
100.レスター、キャロリンのことを聞かれ見せかけの夫婦CMだと答える
101.レスター、父に濡れた服を脱げと言う
102.父、レスターにキスして帰る
103.キャロリン、レスター殺害を決意
  レスター、部屋に戻って冷蔵庫のビールを飲む

104.アンジェラ、ステレオを聴く
  レスター、ビールを渡す

105.レスター、アンジェラを求めるテーブルのバラ
106.レスター、アンジェラとキスする
107.レスター、アンジェラのズボンを脱がす
108.レスター、アンジェラを裸にする
  処女だと知る

109.レスター、アンジェラに毛布をかけて抱きしめる
  キャロリン、家に到着
家のドア
110.レスター、アンジェラにジェーンのこと質問。「幸せで恋をしてる」
111.アンジェラ、レスターに幸せかと質問「幸せだよ 幸せだ」
112.レスター、若い頃の家族写真を見るテーブルのバラ
113.リッキー、死体になったレスターを見て微笑む
114.レスター、過去を回想する
  ジェーンとリッキー、アンジェラ、銃声に気づく
  キャロリン、家に近づく

115.血まみれになった父、服を脱ぐ
  キャロリン、レスターの服にしがみつく

116.レスター、美しいものを語る
117.スタッフクレジット
118.スタッフクレジット
119.エンドロール
120.エンドロール
121.エンドロール


たった6日の間に…




まとめ

10分 レスター・バーナムと家族
20分 アンジェラ登場

30分 リッキー遭遇
45分 レスター、生きる
60分 リッキー と ジェーン
75分 
90分 レスター覚醒 / 家族の崩壊
105分 レスター、アンジェラと結ばれる
ラスト 死体になったレスター







15分解説
アメリカの「美」とは何か?
映画で使われる「」色は「美しいもの」を象徴しています

この映画をわかりやすく言うと
「美しいもの」を「美しい」と思っていた男が
「美しくない
もの」が「美しい」ことに気づく
物語です

この映画には普通の映画にはある後半の「あえて落とす正念場」がありません
最後の答えに向かって常に+、+、の足し算で積み上げるように進んでいく
情報を手順良く開示することでお話を作るサスペンスのような映画です

この視点で読み解いていくと
アメリカン・ビューティーの「よくわからない」がわかってくると思います

では15分おきに解説します







10分まで レスター・バーナムと家族
冒頭10分は、もう100点満点の「映画の紹介」です
主人公の満たされない状況・キッカケによって映画が始まります

オープニングのナレーション「1年たたぬうちに僕は死ぬ」で
これが誰の何の映画なのかを紹介
娘が殺したいほど憎い父親が朝起きて最初にやるのはシャワーでオナニー
これが1日で最高の時 あとは地獄へ一直線
これが主人公レスターの紹介でありドラマ上の欲求そのものです
これから一日に起きること全てが不満で
唯一の楽しみがオナニー、やり場のない性欲を捨てる
しかない男
それがレスター・バーナム

次に庭で赤いバラを摘む、妻キャロリンをレスターはこう紹介します
植木バサミの柄とサンダルがマッチしてる 偶然ではない
柄とサンダルの色が同じであることは偶然じゃないんです
つまり、彼女と この映画において「」が持つ役割は偶然ではなく意図したものであるという説明です
そして、キャロリンの最初の台詞は隣人のジムに向かって
「すてきなタイ! 色がいいわ」と色を褒めています
これを見たレスターは、昔幸せそうだったのに…と呟きます
何故、レスターはキャロリンが幸せじゃないと思うのか?
答えは、このやりとりの中にあります
そう、ジムのネクタイの色は赤じゃないんです
この映画の中で「赤」は「美しいもの」として描かれています
そんな美しいものを毎日手間をかけて大事に育てていながら
キャロリンは何が美しいのか全然わかっていません
彼女は「美しいもの」が何なのかわかっていない人物です


次に娘のジェーン
そんなのは”今だけだ”と言ってやりたいが…娘に嘘はつきたくない
と紹介しています。
これは何を言っているのか? それも色で説明されてます
部屋で仕度したジェーンの服の袖の色は「赤」です
しかし、家を出たとき黒のコートで袖が見えなくなります
それを見たキャロリン「わざとつまらない服装を?だったら成功してるわ
つまり、美しいものを隠す=NOT がつくことで彼女が「美しくないもの」であることを表しています
同時にキャロリンはジェーンの秘めた美しさがわかってないとも繰り返し言えます
彼女のイライラは母親のようにこのまま一生続く
美しくない娘に本当の事を言えるほど仲は良くないことがこのどもりでわかります
そんな彼女は豊胸手術を考える不満、ドラマ上の欲求を持っています

今の2つがこの映画に使われる「色」のルールです
そして、レスターは昔のように戻れるとわずかな希望を持ちながら出社
これが映画で彼が達成する最後の目的です
リストラ寸前の会社、幸せだったはずの家族

そんな状況に新しい隣人リッキーが引越してくることでキッカケが生まれます

ここまでが冒頭10分
もう完璧







20分まで アンジェラ登場
次の日、キャロリンは不動産の売込に励みます
失敗続きのこの場面から「古き良きアメリカ」の概念が出てきます
ウィリアム・レヴィットの発明した庭付き一戸建ての郊外住宅は50年代のアメリカンドリーム…彼女はその夢に囚われています

15分目に「第1の映画の目的」。アンジェラが登場します
彼女に出会うや否やレスターの態度は一変します
アンジェラの胸からバラ、ハーイと誘いながらバラ
彼女の全ては「赤」一色。アンジェラはこの映画で「究極に美しいもの」です
20分目、レスターのつまらないオナニーはアンジェラのものになることで
映画の目的が決まります「アンジェラとセックスする
これが主人公が物語に作用する「個人的」な内面の目的です

一方、ジェーンはリッキーに出会います
無力で泣くことしか出来なかったキャロリンとは違い
初対面で盗撮してきたリッキーに今までとは違った微笑む態度を見せる
これを同じカーテンを背にして対比で見せることで
ジェーンも母親と同じ道は辿らず、レスターと幸せの方に向かっていくことを暗示しています








30分まで リッキー遭遇
次の日、今日からレスターの新しい日々が始まります

次はリッキーについてです
父は右翼で厳格な海兵隊で同性愛嫌悪者
「古き良きアメリカ」の暗部を体現したかのような
父は「美しくないもの」を嫌う人物です

学校にて「アンジェラ」と「ジェーン」が
「美しいもの」と「美しくないもの」として並んでいるところに
リッキーが「美しくないもの」を見続けることで
彼が何を美しいと思っているかがちょっとわかります…

そして、不動産同士のパーティで
第2の映画の目的」、レスターはリッキーに遭遇します
彼から買う大麻で「死んだような生活を破壊する」目的が生まれていきます
これが主人公の行動が登場人物に影響を与える「社会的」な外面の目的です

自分の思う「美しいもの」を求める者、同士が出会ってしまいます
リッキーがレスターにかける最初の台詞で
お宅は玄関のドアが赤い家?」と聞いています
色が美しいものを表す、色が重要な映画で、わざわざ赤を指しているのは
レスターが「美しいもの」を求めていることに気づいているからです
リッキーは「美しいもの」を求めているの人の審美眼がわかる人物でもあります

リッキーが人を見透かす洞察力がある人物だという証拠に
既に父の前で大麻の売り上げを計算しています







45分まで レスター、生きる
上映時間の半分まで映画のテンションがテンポよく上がっていきます

キャロリンは、不動産王バディとコネクションを持ちます
実はバディは、3人目の「美しいもの」を求める者。だと言えます
後に、キャロリンは美しくなりますから
おそらく、彼が離婚したのは妻が美しくなくなったからです
キャロリンのように出会って美しくなって旬が過ぎれば捨てる。を繰り返してきたんでしょう
「美しいもの」を求める者の残酷な面を象徴してるんですが
この映画でそこまで着地してもらえていない不遇な人物だと考えてます

ジェーンは、リッキーのJean火文字を見てまた微笑みます

レスターは、アンジェラの影響で筋トレを始めます
アンジェラでしたオナニーを追及されても言い負かします

3人が何かに出会うことで息づき始めます

一方、リッキーと父は尿検査のことで対話するシーン
この話の終わりに、父が何かを言いかけて去っています
これがラストに少し繋がっています…







60分まで リッキー と ジェーン
リッキーから買った大麻でハイになったレスターは仕事をやめ上機嫌でハンバーガーのバイト面接を受けます

遂にレスターはキャロリンと対立します。何でもないように見えますが
このとき、レスターの服の色は「
キャロリンの服は反対色の「」です
レスターは「美しいもの」に近づいているのに対し
キャロリンはバラを育てていながら全く「美しくない」と皮肉っています

2人が喧嘩をする場面はこの映画の中で3回あります
2人の言い分とそのときの状態は全て「色」で表現されてます

父に秘密でリッキーから大麻を買うレスター
自分の過去が案外「美しいもの」だったと語り始めます

そして60分、映画の半分ではじめて「美」という言葉が出てきます







75分まで 
リッキーがジェーンを家に招きます
おかしくなった母、父の秘密を見せたあと
リッキーは「一番美しい作品見せよう」と言って
ビニール袋が風で舞うビデオ」を見せます
これは
一体なんなのか?
ここまでリッキーが「美しい」と言ってきたものは
「死んだ鳥」や「凍死したホームレス」
その中で一番美しいのが「ビニール袋」全部ゴミです
そう、リッキーは「美しくないもの」を「美しい」と思っている人物です
そんな彼が「ジェーン」を「美しい」と言ってるということは
ジェーンは美しくないと宣言してるも同然です

じゃあ、どうしてジェーンはリッキーを好きになったのか?
リッキーは「美しいもの」しか見てないんです
その彼がジェーンを好きな理由は「美しい」からしかないんです
この先どんなにジェーンが努力してもリッキーは「美しくないから美しい」以外にジェーンを見てくれないと
今まで美しいものと比較され続けたジェーンには痛いほどわかっていて
それでもリッキーに見ていてほしいと決めたから手を握ったんです
ただの恋愛じゃありません。残酷で救いも何も無くて誰からもリッキーからも理解されない道をジェーンは選んだんです

ジェーンが家に帰ると食卓からバラが消えています
後半から、みせかけだった
家族が崩壊し始めます


その後、父は戸棚を開けたリッキーを強く叱ります
そもそも何故リッキーは戸棚を開けたのか?
何故父はガラス越しから見えるコレクションを詮索されたくないのか?
これもまたラストに少し繋がっています…







90分まで レスター覚醒 / 家族の崩壊
70年型2代目ファイヤーバードを買ったレスターと
イタリア製輸入ソファーを汚されたくないキャロリンの喧嘩

買った物の色が「」と「」で
「美しいもの」を獲得したレスター
「美しくないもの」を選ぶことしか事しかないキャロリン
を象徴した対立で
これが人生か?ただの”物”だ 人生より物が大事?くだらない生き方だ
と訴えるレスターは
『ファイト・クラブ』のタイラー・ダーデンの如く正論を説いてるように
一見見えますが、そう立ち上がったレスターが着てる服はキャロリンと同じ「」なんです
つまり、買ってる物が違うだけで”物”に囚われているという本質はどっちも同じだということを実は言っているんです
レスターは何も正しいこと言ってないです

82.ジェーン、リッキーに父レスターの殺害を依頼。豊胸手術の貯金で払う
さてオープニングに戻ります。ここから事件が始まると思いきや
83.ジェーン、冗談だとバラす
たたこれだけで無かった事になってこのシークエンスは意味がなくなります

次の日、レスターが死ぬ日
ストレス解消法「銃」で不満を取り払い成功を約束されたキャロリンの服は「」に変化します…が
レスターに浮気現場を目撃されてしまいます
このときのレスターの帽子は「
お互い対等に幸せになれた二人は夫婦である必要が遂になくなってしまいます

そして、「性欲」と「大麻」で理想の体型を手に入れた筋肉隆々のレスター
大麻を切らしてリッキーに連絡をします


リッキーの父はリッキーの撮ったビデオを覗きます
息子に叱った事と同じことやっています
親子は「美しいもの」を求めているの人の審美眼がわかる人物です







105分まで レスター、アンジェラと結ばれる
レスターとリッキーの男娼を目撃した父は親子の縁を切り
レスターに迫り殴り倒すかと思いきや…キスします

さて何故、父はレスターにキスをしたのか?
「パパもほんとはゲイだから」と言ってしまえば楽ですが
憎しみを込めたように抓ったりせず、むしろ息子を自分と同じ道に引きづったレスターを殴ってやればいいんです
父は、キスがしたかったからしたんです

少し戻ります。リッキーが母に別れを告げるとき「父さんを頼むよ」と父の弱さを分かっています
その前に「おやじは僕がバイトしてるとムリにそう信じてる」と言っています
つまり、父はそれに気づいていて
父も「美しいもの」を求めているの人の審美眼がわかる人物です
だからレスターに会ったとき気づいて驚いたんです
レスターが自分と同じ「美しくないもの」を「美しい」と思っている人物だということに
それに服を脱げと誘ってきてキスしたら勘違いだった

そのときの父の演技は「戸惑った顔」をしています
気持ちを裏切られたような状態で雨の中帰っていく
一連の行動の正体はこういう風にもう一度観てみるとよく分かると思います

そして遂に、レスターはアンジェラを抱く機会を得ます…







ラスト 死体になったレスター
アンジェラは処女でした
最大の疑問
何故、レスターはアンジェラを抱けなかったのか?
答えはその後の演技にあります
私のこと美しいと─
君は美しいよ 信じられないほど
美しい
これ、半分ウソなんですよ

この後何度もアンジェラを励ましの言葉をかけてあげていますが
その間レスターはずっと目は逸らしています

確かにアンジェラは皆が認める「美しいもの」です
しかし、レスターは「究極の美」に到達することで
なにが「美しいもの」なのかを知ることで、なにを「美しい」と思っているのかに気づくことが出来たんです。そう
自分が「美しくないもの」を「美しい」と思っていることに
ここから映画の「」の意味が「美しいもの」から「美しくないもの」に変化して
価値観の大逆転現象が起こります

古き良きアメリカを象徴した景色
枯れた木
シワだらけの汚い手
80年代にはゴミ同然のファイヤーバード
美しく産まれてこなかった娘ジェーン
一生、美がわからないキャロリン

彼が回想する過去の記憶は全て「美しくないもの」です
でも、彼はそれが「美しいもの」だったことに気づいたんです

自分の「美しくないもの」すべてを出してしまい後が無くなったは最後に自らの手で「美しくないもの」を作り

リッキーは、それをウットリと眺め

そして、レスターは死体になることで自らが「美しくないもの」になって全ての葛藤から解放されたんです

15分解説







あとがき

15分解説まで読んでくれて本当にありがとうございます
映画の「色」、特に「赤」について僕が考えてること全部書けたと思います
よくコメディとドラマの融合とか、色んな感情が入ってる映画として語られることが多い映画だったので
価値観を狭めて「美しいもの」と「美しくないもの」だけでストーリーを考えてみました

ではまた







「#12『アメリカン・ビューティー』ミニッツライナー(122分)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。